獨自の企畫を提案し続ける、
ニッチなケーブルメーカー

MENU

2018.09.21ピックアップ

一眼レフの寫真をすぐにインスタにシェアしたい!そんなときは…?

 

突然の告白ですが、最近になって昔から興味のあったデジタル一眼レフカメラを購入してみました。
うん十の手習いとはよく言ったものですが、いくつになっても新しいことを始めるのはわくわくしますよね。(年齢はひみつですよ)

カメラをはじめるなら、まずはいろんなものを撮影して練習しようと思い、このブログの過去のエントリーでも何度か撮影した寫真を投稿しています。

 

しかしながら、やっぱりプライベートでも好きなものを撮っていろんな人に見てもらいたい。

 

そんなわけで、寫真専用SNSでは一番有名どころであろう「Instagram」のアカウントを開設してみました。
私の購入したカメラ(Canon EOSKiss X9)はWi-FiやBluetoothで手持ちのスマートフォンに寫真を同期できる機能が備わっており、SNSでのシェアはもちろん、友人にLINEなどで寫真を送るのもとってもラクラクなのです。

 

でも、無線機能がついていないカメラで撮った寫真は、一度パソコンを介さないと畫像をUP出來ないなんてとても不便。
また無線機能が付いていたとしても、お使いの環境によっては接続設定がうまく行かず四苦八苦、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

なんとしてでも、すぐスマホに移していち早くシェアしたい。そんなあなたのお望みを葉える方法をご提案させていただきますね。

無線機能がない一眼レフなら、カードリーダーを活用しよう

 

通常、デジタルカメラにはSDカードを使用しますが、このカードリーダーを使用するととてもスムーズな同期が可能になります。
また通信を使用せず、直挿しになりますので安定してデータを送ることができるのも安心ですね。

ミヨシではパソコンだけでなく、スマートフォンでも使えるカードリーダーをいくつか発売しておりますので、簡単に紹介させてください。

Androidをお使いの方

 

 

Androidスマートフォンを使用されている方はまず、microSDカードを共用することで一眼レフカメラで撮った寫真をそのまま取り込むことが可能です。(別途ファイル管理アプリが必要になることがあります)

でも、いちいちカードを抜き差しするのってちょっと面倒ですよね。そこでお使いいただきたいのが、ホスト機能(OTG)対応のカードリーダ―です。
特にこちらの製品はmicroSDカードだけでなく、通常サイズのSDカード、そしてなんとCFカードまで読み込みが可能。

端末側のコネクタは、「USB microB」と「USB Type-C」の二種が二股に付いているので、機種変の際や、スマートフォンとタブレットでコネクタの形が異なる場合などにも買い替えの必要がありません。

iPhoneをお使いの方

iOS用カードリーダー

 

こちらのブログでも何度かご紹介している「iPhone?iPad用カードリーダー」。

この製品はmicroSDカードのみに対応しているため、カメラ側ではSDカードサイズのアダプタを付けたmicroSDカードを使用する必要がありますが、その部分だけ目を瞑っていただければスマートフォンへの同期はとっても簡単。

専用アプリ內で、カード內からコピーしたい寫真を選択し、カメラロールに保存するだけ。カメラロールに保存した寫真は、スマートフォンで撮影したものと同様に各種SNSに投稿することが出來ます。

 

スマホでの撮影もいいけれど…

 

最後に、試しに一眼レフカメラで撮影し、iPhoneに同期してみた寫真を貼ってみます。

決して素晴らしい寫真ではありませんが(苦笑)、なんといってもこの背景のボケ感がたまりません。なかなかスマートフォンでは出せないんですよね。

スマートフォンでの撮影からステップアップしてみたい方、私と一緒に一眼レフを楽しみませんか?

ここが良かったよ!とか、ここが使いにくかったよ!といった感想をtwitterで募集しています。気になる點や感想をどしどしお寄せください!
株式會社ミヨシ twitter

四虎国产精品永久地址